HOME | メニュー | 委員会運営方針

運営方針

人間力開発委員会運営方針

  • 人間力開発委員会 委員長 長野 優一 

    稚内青年会議所は、65年という長い歴史があり、その中の様々な活動は「明るい豊かな社会」の実現を目的にし歩んできました。また、その運動の中で人材の育成にも力を注いできました。本年度はその志を受け継ぐとともに自分たちの生まれ育ったまちに対する「帰属感」や「誇り」を持ち積極果敢に行動する、地域を担うリーダーの育成が必要と考えます。 そのためには、まず新入会員、現役メンバー共に青年会議所の活動や歴史、会議の必要性などの基本的な知識を今一度学び、個人や団体として目指すべきことをしっかりと伝えて、JAYCEEとしての意識を高めてもらうために新入会員研修を行います。そして、活力と知力を兼ね備え積極的にJC活動や社会改革運動を実践できる人間力の開発をし、大胆に自由な発想で社会的価値のあることを行える、そんな地域を担うリーダーを目指すための会員研修を行います。さらに、活動を共にしてきた会員同士の絆をより深いものにするためにメンバーシップを行います。また、地域に根差す団体として「北門神社例大祭」に参画し他団体との連携を図り、多くの人と共に活気溢れる神輿渡御にし「北門神社例大祭」を盛り上げます。さらに、「稚内みなと南極まつり」に参加し、地域への感謝や誇りを持ち、メンバー一丸となり、最高のパフォーマンスで会場を沸かせます。最後に日々のJC活動を陰ながら支え、ご協力いただいている家族と地域へ一年間の活動報告や感謝の気持ちを伝え、またメンバー同士の交流を深める場として、年末家族パーティーを開催します。 自分たちは違う会社や世代の集まる団体です。様々な考え方や方向性の違いは当然あり、JC活動や行動を共にすることと、目指す目的をひとつとすることで互いの成長になり、まちに対する「帰属感」や「誇り」を持ち積極果敢に行動し地域を担うリーダーになります。ひいては「明るい豊かな社会」の実現へ繋がると確信いたします。

    <事業計画> 
    1. 新入会員研修の企画・運営・検証
    2. 地域を担うリーダーを育成するための会員研修の企画・運営・検証
    3. 会員同士の絆を深める交流の実践
    4. 北門神社例大祭への積極的な参画
    5. 稚内みなと南極まつりへの参加
    6. 年末家族パーティーの開催

 

まちづくり地域創生委員会運営方針

  • まちづくり地域創生委員会 委員長 野口 裕行

    現代の地域社会が抱える人口減少などによる地域経済の縮小は稚内も例外ではなく、稚内青年会議所として様々な事業を企画し活動してきました。しかし長年に亘り活動を続けていますが、これらの課題は急激に改善されることは望めず今後も継続してく必要があり地域のリーダーとして問題意識を持ち考え関係諸団体と連携を図りながら地域へ継続的な活力を与えられるよう率先して行動し続けていくことが必要です。そのためには、冬季事業として行政・関係諸団体と連携している「わっかない氷雪の広場場」に参画いたします。雪の中で楽しく遊んでいる子供たちや一緒に遊ぶ親、その光景を観て微笑み懐かしむ大人など稚内への郷土愛を育むために笑顔溢れる雪まつり会場をメンバー一丸となって構築していきます。さらに、対内的な組織としての成長および対外的なJC運動の社会評価と活動に対する共感・共鳴の輪を広げるために会員拡大を行います。改めてメンバーの身近な方々や稚内市内の青年を精査しメンバー一丸となってアプローチするための機会を設けることと新たに我々の活動に共感・共有していただける青年を発掘する場を設けることで会員数30名を目指します。そして、日頃のJC活動を支えてくれている家族への感謝とより一層の理解をしていただくこと、さらにメンバー同士・その家族同士のさらなる交流と親睦を深めるために野遊会を開催いたします。また、我々は子供たちの夢や希望を広げるために「わくわくワークフェス」の開催を重ねてきました。成果は着実に上がっているといえますが改めてこの事業を見つめ直し、「子供たちの夢を広げる」ことへの理解や賛同をしていただける企業や団体と共に歩みながら開催を目指していきます。これらの活動を通じて、生まれ育った地域や住み暮らす地域を持続させていく自覚が芽生え、地域の方々が幸せに暮らし郷土愛と誇りに溢れたまち稚内を創生します。

    <事業計画>
    1. 冬季事業(わっかない氷雪の広場)の参画・運営・検証
    2. 会員拡大に繋げるための例会
    3. 会員拡大のための例会
    4. 野遊会の企画・運営・検証
    5. わくわくワークフェスを地域の企業と共に開催するための運動
    6. わくわくワークフェスの企画・運営・検証

総務広報委員会

  • 総務広報委員会 委員長 林 純一

    稚内青年会議所は65年という長きに亘り「明るい豊かな社会」の実現を目指し、地域社会の活性化のために様々な運動を展開してきました。これらの未来への情熱を持った運動は、稚内を持続可能なまちにするものであり、これまで以上にLOM内部の連携を強固にし、広く市民に発信することが我々に必要です。そのためには、事務局と連携を図りながら総会や理事会等の各種基本資料の取りまとめや各事業の記録・管理・保存を徹底します。そして、稚内青年会議所の今年度の基本方針と組織体制を多くの方々にご理解して頂き、より一層の親睦を深められる新年交礼会を行います。さらに、持続可能な世界を実現するための「SDGs」を学び、我々の活動や運動に紐付けを行い、稚内の発展につながるような例会を開催します。また、これまでの活動はもとより65周年の感謝と報告を行い、シニアクラブの皆様との絆をより感じ、今後の活動に向けて更なる協力体制を構築すべく創立記念日例会を行います。そして、65周年と今年度の活動を報告し、稚内青年会議所の元気な姿を伝えるために機関紙オーロラを発刊します。さらに、これまでJC運動に邁進されてきた卒業生に感謝を伝え、想いをしっかりと受け止めることで、卒業生とメンバーが新たな一歩を踏み出せる卒業生を送る会を開催します。また、情報発信を強化するうえで広報戦略を基に、各委員会と連携を図りながら、ホームページやフェイスブック等の情報更新はもとより、どのようにすれば効果的発信に繋がるかを模索・分析し、より一層認知度の高い団体となる広報活動を行います。 我々、総務広報委員会がLOM全体を見渡し、LOM内部の連携を図りながら活動することで、稚内青年会議所がより未来への情熱を持って運動でき、その情熱を発信し続けることが市民と共に持続可能な稚内を創造し、「明るい豊かな社会」に繋がると確信します。

    <事業計画>
    1. 総会と総会資料の準備・運営
    2. 新年交礼会の企画・運営・検証
    3. 持続可能な開発目標に向かうための一助とする例会の企画・運営・検証
    4. シニアとの連携による創立記念日例会の企画・運営・検証
    5. 卒業生を送る会の企画・運営・検証
    6. 理事会上程議案と関連書類及び資料の取りまとめ
    7. 事務局の補佐と各事業等の記録及び書類・情報の管理
    8. 機関誌オーロラの企画・発刊・検証
    9. JC手帳及び名刺の作成
    10. 専務理事の補佐
    11. 基本資料の作成と登記
    12. コムネット掲示板の運営・管理
    13. ホームページの更新、フェイスブックの管理を含める広報活動
    14. オールメンバーメーリングリスト、理事者メーリングリストの管理・運営